必ず英語が話せるようになるために

英語学習に役立つ
カテゴリー

もうそこら中に書いてあったり、言われたりしてますよね。

「で、結局どうなの?」「どれが正しいの?!」と思ってきますよね。

「聞き流すだけでいい!」以外は、たいてい正しい方法だと思います。

「はぁ~っ、英語で書いてあるものを読むのは理解できるのに、

なんで話せないんやろう。。。。?はぁ~っ、英語でしゃべりたいなぁ~」

って人、本当にたくさんいらっしゃいます。

「日本語を母国語としている人はなぜ英語をしゃべるのが苦手なのか?!」

については、また語るとして、

ここでは、

本当にしゃべれるようになるための心得を少し話します!

 その1: 話すことをパターン化して、それを覚えこむ

全てを決まり文句にしてしまって、それを戸惑いなく口から出るように練習するのです。

例えば、「~するつもりです。」

I’m (I am) going to ~.

買い物に行くつもりです
I’m going to go shopping.

自転車で行くつもりです
I’m going to go by bicycle.

今晩ピザを食べるつもりです
I’m going to have some pizza tonight.

こんな感じで ~するつもりです を表す文章をカチッっとパターン化してしまいます。

そして、そのパターン化した文章を50(できれば100くらい)作って、覚えて、フッっと口から出るように練習します。

そして、次の表現をパターン化していきます。これをドンドン増やすのです。

練習を重ねていくと「あれぇ、なんだか進歩してきたなぁ」と実感してきますよ。(^^)v

 

もうひとつ:

表現のパターンが溜まってきて、結構しゃべれるようになってきた!!!!
その後は、
スラスラと詰まらずに、流暢にしゃべりたい!って思ってきます。

その願望をかなえましょうっ!!!

実は、
今までに一度も発したことのない文章をしゃべるのは、とっても難しいことです。
その文章をスラスラぁ~っとなんて至難の業です。

そうです、

「今まで一度も発したことのない文章を少なくする」ことがペラペラになるコツでもあるのです!

 

これをブラウンでは熱くご指導します!

 

 

タイトルとURLをコピーしました