afford はメインの意味として「買う余裕がある」なので、「金銭的な余裕がある」という意味なので、”I can’t afford to live in Ashiya.” という感じで使えます。

でももっと幅広く「~する余裕がある」という意味でも使えるんです。

I can’t afford to go out tonight.  I got an exam tomorrow. のように「気持ちにゆとりがある」という意味でも使います。

 

マンツーマン英語

ブラウン語学研究所

〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2大阪駅前第2ビル2F4-3

06-6342-1505

ホーム