an apple of one’s eyeとは直訳すると「人の目のりんご」となります。

これは昔、瞳孔はリンゴの形をしていたと思われていたのです。そして目は大切なもの、という意味からできたフレーズです。

「大好きな人、物」「大切な人、物」

 

会話からTOIEC/TOEFLまで

完全プライベード英語学校

ブラウン語学研究所

大阪市北区梅田1−2−2大阪駅前第2ビル2F4−3

06−6342−1505