梅田の大阪駅前第2ビルでの英会話マンツーマンレッスン

Blog

177. a babe in the woodsとは

a babe in the woodsとは、ある物語からできたフレーズです。 昔、二人の幼い子供が父から莫大な遺産を受け継ぎます。彼らの叔父がその遺産を横取りするためにに殺し屋を雇うのです。その殺し屋はその子供たちを殺す …

176. (have) an ax to grindとは

(have) an ax to grindとは、直訳すると「研がれるべき斧を持っている」 昔、ある人が道で少年を呼び止めて、彼を褒めるのです。「君は強そうだね。きっと斧を研ぐのも上手なんだろうね。」すると喜んだ少年は一生 …

175. at the end of one’s ropeとは

at the end of one’s ropeとは、ロープの端にしがみついているだけで、それから上に登れない、という様からできたフレーズです。 意味は:「(体力・気力・能力・忍耐の)限界である」   会話から …

174. at the drop of a hatとは

at the drop of a hat 競技を始めるのは様々方法があります。100m走はピストル音、水泳は電子音、車のレースでは信号などです。少し昔、若者たちが街で車の競争をしていたとき、2台の車の間に人が立って、かぶ …

173. asleep at the switchとは

asleep at the switch このswitchとは線路の切り替えのポイントのことです。この切り替えは大切なポイントで、線路を切り替えるポイントで寝ていると大事故につながる、という様子からできたフレーズです。 …

172. as the crow fliesとは

as the crow fliesとは直訳すると「カラスが飛ぶように」です。 なぜカラスになったのかは知られていないのですが、鳥は目的地に向かって直線で飛んでいきます。 そのようなイメージからできたフレーズです。 意味は …

171. an apple of one’s eyeとは

an apple of one’s eyeとは直訳すると「人の目のりんご」となります。 これは昔、瞳孔はリンゴの形をしていたと思われていたのです。そして目は大切なもの、という意味からできたフレーズです。 「大好きな人、物 …

170. have ants in one’s pantsとは?

have ants in one’s pantsとはズボンの中に蟻がいるので、常にモゾモゾしている、という 様子から: 「とても落着きがない」 この表現は「何をもぞもぞしてるんだ、落ち着きなさい」という意味で、よく疑問文 …

169. all thumbs とは?

all thumbsとは、直訳で「全て親指」です。 もしも指が全て親指だったら、お箸も持ちにくいですよね。 そういう意味からの形容詞句です。 意味は:「不器用」 同意語には、 clumsy, ineptなどがあります。 …

168. All that glitters is not gold.とは?

All that glitters is not gold.とは キラキラ輝くもの全てが金ではない、という直訳から 「一見、魅力的、また価値がありそうなものは実は価値のないものであるかも知れない」という戒めの表現です。 …

1 2 3 18 »
PAGETOP
Copyright © ブラウン語学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.