オンライン英会話 :D

ブラウンの英語の日々
カテゴリー

こんにちは!

梅雨ですねぇ。さすがによう降りますなぁ。(;^ω^)

今日は、最近チラホラ耳に入ってくる「オンライン英会話」の話。

ThinkstockPhotos-178855245-304x214

 

会社から補助が出る(7割ほど出してくれる)ってことで、

妻がレッスンし始めた。それを近くで聞いていて感じたこと:

日本語を母国語とするみなさん、

自分の発音に自信を持ちなさい!

たとえ自信を持てなくても、

気にし過ぎるのをやめなはれ!

です。(^-^)

ま、このことは、この仕事を始めた頃からずっと言い続けてることですけどね。

先日の例で言うと、あ、先生はフィリピン人の女性です。

img_vol02_04

この単語:

decision

[disíʒən]  ディスィジョン

decide(決定する)の名詞

ですね。

ディスィョン と最後の音節は ジョン、と濁音です。

それをオンラインの先生は、 ディシィション と何度も何度も発音し、

生徒にもそう発音させるのです。

アカンやん (; ・`д・´)

と一瞬思われるかもですが、

これでいいんです!

その国その地方のアクセント、訛り、癖 ってものがあるのです。

それを日本の人は隠そう、無くそうと努力し過ぎると思うのです。

その努力を

もっと単語を覚える!

表現を覚える!

に費やしましょう!!!

日本人で、結構ペラペラ喋る人でも、その人の語彙数って、たいがいネイティブの小学生か中学生レベルなんでっせぇ

(;^ω^)

 

カナダの人と話してる:

日本人:Oh, I’m so busy that I can’t sleep tonight.

カナダ人:I’m sorry,  you can’t what?  What is “sreep“?

日本人:I can’t go to bed tonight, because I have too many things to do.

カナダ人:Oh, you mean “sleep“. I see, if there’s anything I can do to help, tell me.

 

わかりますぅ? エルの発音がアールの発音になってて伝わらない!

よくあることです。日本語を母国語とする人はエルの音が苦手 な人が多いのです。

これが日本語訛りってやつですよね。それでいいじゃないですか!

えっ? アカンやん って?

一瞬、伝わらなくても、ちょっぴり言い方を変えると伝わるもんです。

しかも、たいがい、文脈で理解できますし、相手も。

(;^ω^)

 

ちょっとしたことにこだわらない!

ええカッコしようとすんのやめましょ!

その代り、

語彙を増やす!

文章をサッサと作れるようになりましょ!

 

です。(^-^)w

 

そのために最適なスクールは

ブラウン・ランゲージラボ
中尾新吾

 

外人さんとしゃべるのに慣れる!

という点ではオンライン英会話、最適だと思います。

何んちゅうたかて安い! 1レッスン25分で300円弱 です。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました