本を読むレッスン(^-^) with Kindle

ブラウンの英語の日々
カテゴリー

生徒さんたちと「せぇのぉーでっ はいっ!」って同時に同じ本を読み始めて、
次のレッスンで、生徒さんが読んだとこまでにあった疑問を解決・解説するというレッスンです。

文化的背景や、スラングっぽい表現を解説しないと難しい部分があったり、

単純に「ここどう訳すの?!」って疑問も多々あります。

本日紹介したいのは、そのレッスンもですが、その道具=Kindle です。

今までは、このレッスンは、実際にペーパーバックを手にして行ってました。
それはそれでいいのですが、
やっぱ、この時代、利用できる便利なものは利用しないと♪ ですよね。(^O^)

「英語の本をKindleで読むことの利点」

スクリーンショット 2017-08-23 11.01.03

 

1)ペーパーバックを購入するより値段が安い。

スクリーンショット 2017-08-23 11.11.45

ペーパーバック(実際の本)だと1,200〜1,400円ですね。

 

2)単語が調べやすい。

読み進んでいくと知らない単語に出会いますね。

その単語を長押し(パソコン版の場合はダブルクリック)すると

パラリッと辞書が出てきて意味を教えてくれます。

この時、同時に表示される「マーカー」もしておきましょう!

何色でも好きな色で印をつけとくのです。後述3)で利用します。(・∀・)

スクリーンショット 2017-08-23 11.08.46

 

同じ単語をそのまま辞書を変更して英英辞書で意味を表示することもできます。

スクリーンショット 2017-08-23 11.09.02

 

もし、内蔵の(←前もってKindleにダウンロードしたものですが)辞書で意味が表示されなければ、右へスワイプして [ Google ↗] という箇所をクリックすれば、そのままインターネットで意味を探してくれます。(WiFi環境等が必要ですが)

スクリーンショット 2017-08-23 11.07.38

↓ ↓ ↓

スクリーンショット 2017-08-23 11.06.45

↓ ↓ ↓

スクリーンショット 2017-08-23 11.09.40

↑ ↑ ↑
(英辞郎 on the web by アルクにて)

 

いやぁ、便利ですねぇ(・∀・) まだあります。

3)フラッシュカード機能

単語カードみたいなもんですね。

2)で単語にマーカーしました。(印をつけました。)

その単語を後でチェックできる!てか、確認しつつ、覚えれる!!!

Kindle画面の左の方にある「フラッシュカード」をクリック

スクリーンショット 2017-08-23 15.09.28

すると

 

スクリーンショット 2017-08-23 15.02.45

↑ ↑ ↑

このように表示されます。「編集」で裏面に意味を書き込んだりします。

スクリーンショット 2017-08-23 15.03.20

 

覚えている!なら【(緑色)のチェック】を

アカン、忘れた!なら【(赤色)のバツ】を

などしてズンズンとボキャブラリーを増やしていけるのです。楽しく♪

(・∀・)

 

どうですか。まだまだ僕の知らない機能があるかもですが(;^ω^)

Kindleを使わんとソン な感じになってきたでしょ?(^O^)

今回紹介したのはパソコン版のKindle です。

僕たち(Me and my students)は、もっぱらスマホのアプリ版のKindleで日々、

通勤、通学時に読んでます。機能はパソコン版とスマホ版でほぼ同じです。

 

さぁ、洋書を読みましょう!!!

一人で読むのは大変かも、、、です。

ならばブラウンに来て一緒に読みませんか?(^-^)

I will help you!!!

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました