Rugby World Cup Japan: ラグビーワールドカップ(^-^)

本日の単語
カテゴリー

こんにちは!ブララボ上本町の中尾です。

てか久しぶり過ぎ! (;´∀`)

すんません、ほんまに忙しくって(^_^;)

いよいよ明日から始まりますね、ラグビー World Cupが。

近鉄電車の乗客の中に、ちらほらと外国のラグビーファンっぽい人見かけますよね。

BBCで面白い記事ありました。↓

Rugby World Cup Japan: Eight things to know as event comes to Asia

  • 18 September 2019

8つの知っといと損はないこと を書いてるんですね。

面白いから是非、読んじゃいましょう!

1つ目のを紹介すると、

1. ‘The largest outdoor bars in Japan’

Tournament organisers are terrified that the beer-loving rugby fraternity will catch Japan unawares and drink the stadiums dry – and with good reason.

fraternity: 兄弟の間柄、同胞愛、協同団体、友愛会、共済組合、(大学などの)男子学生社交クラブ、同業者仲間  ここでは ファンの意味

catch unawares: 不意打ちを食らわす

At the 2015 World Cup in England, fan zones and match venues sold 1.9 million litres of beer. Venues that also host football matches said the rugby crowd drank six times more, on average.

venue: 開催地

 

<概訳> 大会主催者は、ビール大好きなラグビーファンが場内のビールを飲み干しちゃうんちゃうやろか、とビビってる。それにはちゃんと理由があって:

2015年の英国で行われたラグビーワールドカップで、190万リットルのビールが競技場で売れた。そして、それは同じ球技場でサッカーが行われた時のなんと6倍!

Rugby fans apparently drink six times more than football fans

(^_^;) 酔っ払って、なんぎなことをしでかさんよう、
楽しんでください!!!

 

以上です。

 

中尾新吾
ブラウン・ランゲージラボ(ブララボ)上本町

 

タイトルとURLをコピーしました